オープンザ・プライス

一度もらった名刺を各査定士に返しました。

すると大手の1社がまだ価格が出てないから待って欲しいと言います。

そして、これまで寡黙だったのに、突然世間話をし始めました。

ここのところ連戦連勝なんだと。

しかし、先日、異常な高値を出したら後で役員から電話が入り、間違えた

から取り消すように言われて土下座したとかそんな話をするのです。

だ、大丈夫なのかな、この人・・・。

そして10分ほど待ってようやく価格が出ました。

まずは9時のお店です。

80万が買取相場だって言っていたのに、104万!!

彼は後で陸送代を引く会社があるから、振込金額を提示するように

アドバイスをくれたりといいところもありました。

掻きまわしてくれたりはしたけど、上限値はココだったんですね。

次に10時のお店です。

この1000円が欲しいという気持ちを表してます。

やはり新しい軽自動車はそんなに人気なのでしょうか。

どの会社もここまで強く欲しいと言ってくれることに感謝です。

そして11時半の大手は・・・。

ここがトップですね。

やはり各社ドングリの背比べなんだということがよくわかりました。

新しいクルマだし、数もあるから相場が出来上がっているんだろうな。

それにしても高いよ。

新車だと180万くらいなので、6割キープということになります。

300万くらいの排気量の大きいセダンも売るとしたら同じくらいの金額

じゃないでしょうか。

最後に遅れてきて、価格が出るまでおしゃべりしていた11時の大手。

えっ!?

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

時計はあくまで生活のスパイス。生活を彩り、気持ちを高めるアイテムに過ぎない。