ネコ

  • 2019年10月3日
  • 2019年9月29日
  • 未分類
  • 1335view

今日も時計の話じゃないです・・・(汗)。

娘がこんなものを買ってきました。

これはエキゾチックショートヘアでしょうか。

今時は転写技術なのか、無茶苦茶リアルですね。

ネコは私が小5の頃に飼っていました。

というか、昔の話なので時効と思いますが、家の中ではなく、庭に住み着いた野良猫にエサをあげていたんですね。

いつも間にかずっと庭の中にいるようになって、庭を通るたびに足に擦り寄ってくる状態でした。

体の大部分は白で一部がシルバーの綺麗なキジで、避妊手術とかもしていないので、よく夜になると猫なで声が聞こえてました。不思議と子猫は生まれませんでしたが!?

当時、そろばんの塾に通っていましたが、3級より上になってくると難しくなり、行くのが嫌になったときは、カバーのかけてあるスクーターの足元に入り込んで隠れると、その猫も入ってきてくれるので、冬などは暖房要らずで楽しい時間を過ごせました。

私にとって猫に嫌な思い出はひとつもないんです。

あ、でも引越しをすることになり、新しい家に連れて行けなかった猫を置いてきてしまったんですよね。野良猫といいつつも、ほぼ飼い猫同然だったので、ショックを引きずりました。引越し後も何度か見に行きましたが、もういなくなってました・・・。

そんなこんなで結婚をしてペットを飼える環境になったら是非猫が欲しいと思ってました。誰に構うことなく飼えますからね。

しかし、現実はそう甘くはない。

子供にとにかく手が掛かるし、家にはカメと金魚がいます。

娘の誕生日でオカメインコも飼いましたが、亡くなってしまったときの悲しさを思うと躊躇してしまう。

いや、それでも子供が通学路で拾ってきたら飼うのでしょうけど、こういうときに限って拾ってきません。(昔はよく捨てられてしましたが、今はそういうのもなくなったのかな)

いつか猫を飼いたいですが、そういうときが来るのでしょうかね。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

時計はあくまで生活のスパイス。生活を彩り、気持ちを高めるアイテムに過ぎない。