時計の売却はかくも難しい②

泣きそうになりながらフィリップスを出てきましたが、そのまま帰る気にもならず

周辺の時計店をプラプラすることに。

そういえば、以前にその時計をしていた時、店員さんから褒められたことがあり

ました。お店で査定したことがなかったので、どうせならそのお店に持ち込んで

みようと・・・。

しかし、物事は簡単にうまくいきませんね。

そのときの店員さんはすでに退社されていました。

他の方は時計の査定が難しいとのことで帰ろうとしたのですが、よかったら連絡

してみましょうかと言います。

どうも独立されたようなんですよね。

折角なのでお言葉に甘えて連絡してもらうと、ものの5分ほどで到着(笑)。

ナイスミドルなおじさまです。

時計を見てもらい、価格の話になりましたが、買取よりも委託の方がいいんじゃ

ないかということで、ラインを交換。

また欲しい人がいたら連絡をくださいということで別れました。

まぁ、海外オークションだったら現金になるまで相当な時間がかかりますし、すぐに

はいかないでしょう。

すると帰り道にラインが入りました。

価格の確認でした。

いいご縁があったらよろしくお願いしますとお伝えし、査定会での敗北感は薄れて

気持ちよく帰れたのでした^^。


最新情報をチェックしよう!
>『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

時計はあくまで生活のスパイス。生活を彩り、気持ちを高めるアイテムに過ぎない。