knot AT-38

さて、クルマの話はほどほどに、また時計の記事に戻します。

knot(ノット)。

名前だけなら聞いたことのある方も多いんじゃないかと思いますが、

オリジナルの時計をライトカスタマイズできる日本ブランドです。

一度だけ横浜のお店に行ったことがあります。

当時はクォーツのみで、2万円ほどでケースやブレスなどを好きに

組合せできるので、大学生っぽい人がプレゼントに買っていくのを

見かけました。

昔のスウォッチみたいな感じでしょうか。

最近はアンダーンといい、こういう安価でデザイン性のある時計が

人気のようですね。

ただ、そんな中で自動巻きが出ました。

全てのパーツをメイドインジャパンで拘ったというので、興味が湧き、

入手してみたんです。

入手して思うのは、knotの中の人は時計好きなんだろうなということ。

随所にこだわりを感じさせてくれます。

手に取ると、最初はミヨタのムーブがやたらシャラシャラと大きな音を

立てるので焦りました。

ここまで音が出る理由は、ケースの密閉度でしょうか。

表のガラスはサファイアなので、裏スケの造りなのでしょうね。

まぁ、パテックのノーチラス5711でもジージー言いますからソリッド

バックにしたら解決しそうな気もします。

そんなチープさに焦ったのも事実ですが、何日かじっくりと使って

みるとジワジワといいところが見えてきました。

林精器製造のケース。

セイコーの高級ラインでお馴染みのザラツ研磨ですね。

ザラツ研磨ってヘアラインっぽい印象がありますが、ポリッシュの

部分になります。

ただこのポリッシュ部分よりも、ケースサイドのヘアラインの精度が

素晴らしいです。確実に価格以上の仕事。

感覚としてはGSまでいかないものの、プレザージュの10~20万

クラスと変わらないレベル。

文字盤もかなり良いですね。

植字技術はハイレベルで気になる点はありません。

長短針も特徴的なデザインで、スッと伸びた長い針が好印象。

また、シルバー文字盤のみCIマーク付きの秒針が青焼きです。

太陽光を当てると明るい文字盤にブルーの秒針が映えますね~。

視認性を考えてシルバーにしたけど、正解でした^^。

そうこうしていると大きな音を出すムーブもこれはこれで動いてる感

があって悪くないなと思うから不思議です。

ONで使いやすいんですよ。そして腕を動かすのが楽しくなります。

大手メーカーの普及品と違うのは、日本製のいいところを出そうと

奮闘している姿勢を感じられるところじゃないかと思います。

これは、オーナーになって分かったことなので、きっと少し触った程度

では分からないでしょう。

価格分は十分に楽しめる時計だと思います^^。
(現在の価格は54,000円税込)

あぁ、クロノグラフも欲しくなってきてしまいました・・・(笑)。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

『すごく面白いこと』ってなかなかない。大事になのは生活の中での幸せ。

時計はあくまで生活のスパイス。生活を彩り、気持ちを高めるアイテムに過ぎない。